リクルートカードはポイントは高還元率

リクルートカード

リクルートカードは就職情報誌や就職・転職サイトなどで有名なリクルートが発行しているクレジットカードです。リクルートカードの最大の特徴はポイント還元率の高さにあります。リクルートカードには年会費無料が無料のものと2,100円のものがあるのですが、無料のリクルートカードでもポイント還元率が1.2%、有料のリクルートカードプラスでは2.0%にもなるのです。この数字は業界トップクラスです。
どうせクレジットカードを作るなら、ポイントがたくさん貯まるカードが良い、という方にお勧めのクレジットカードです。また誰もが一度は耳にしたことがあるであろう、リクルートという有名大手企業が運営しているクレジットカードならではの信頼性、安心感も注目に値する点です。

 

 

公式サイトへ

 

 

入会直後からお得が実感できるリクルートカードのキャンペーン

おすすめクレジットカード

リクルートカードでは、新規入会者にお得なポイントプレゼントキャンペーンを用意しています。カードの種類によって異なるキャンペーンの内容は、リクルートカードの場合で、新規入会特典として5,000円分のポイントを、カード利用特典として3,000円分のポイントがプレゼントされ、計8,000円分のポイントを得ることが出来ます。

 

年会費2,100円のリクルートプラスカードの場合では、合計で11,000円分のポイントがプレゼントされるのです。利用状況にもよりますが、キャンペーンの度に還元率がお得なリクルートプラスカードは、長期的に考えると無料のカードよりもお得になるのかも知れませんね。特に年会費が無料のクレジットカードを作って、特に利用する前の時点でも5,000円分のポイントが得られるというのは、他では味わえないお得感ではないでしょうか。

 

このポイントが各提携先で使える共通ポイントであることも、公共料金の支払いにまで使えることも大きな売りであると言えるでしょう。

 

リクルートカードの種類

リクルートカードは前にあげた2種類ではなく、実は3種類存在します。年会費無料のリクルートカードには、UFJニコス株式会社が発行する国際ブランドがVISAのリクルートカードと、株式会社ジェーシービーが発行する国際ブランドがJCBのリクルートカードの2種類があります。

 

VISAのカードはETCカードを発行する際に新規発行手数料として1,050円が必要になりますが、ポイントの還元率や保険の内容は同じです。年会費が2,100円のリクルートカードプラスは国際ブランドがJCBのカードのみとなります。こちらの場合はカード自体の年会費の他に、家族カードを発行した場合に更に年会費が1,050円必要となりますが、負担が大きい分、ポイントの還元率や付帯する旅行傷害保険などの点で年会費無料のリクルートカード2種に勝っています。

 

 

リクルートポイントの特徴

リクルートポイントはリクルートID所有者のためのサービスです。リクルートポイントは、リクルートIDを持つ人がリクルートと提携するショッピングサイト・通販サイトなどでショッピングや予約をすると得られるポイントで、提携先であればどこでも利用できる、便利な共通ポイントとなっているのが特徴です。

 

リクルートカード各種で貯まるポイントもこのリクルートポイントです。このポイントは提携ショップの他に、電話・ガス・水道などの料金の支払いにも使える、とても利便性の高いポイントです。還元率が高く、非常に貯めやすいポイントなうえに、貯まったポイントを公共料金の支払いにも使えるリクルートポイントは他のどのクレジットカードのポイントサービスにも劣らない、非常に有利なサービスといえるでしょう。

 

おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
1〜2週間程度 無料 おすすめクレジットカードJCB
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
国内・海外旅行保険 おすすめクレジットカード

 

公式サイトへ

驚異の高還元率を実現したリクルートカード/クレジットカード審査に落ちないように関連ページ

アコムマスターカード
楽天カード
三井住友VISAカード
ライフカード
JCB EITカード
JCB CARD EXTAGE
価格コム・レックスカード
WAON一体型のイオンカード
auじぶんカード

このページの先頭へ戻る