クレジットカード審査/クレジットカード審査に落ちないように記事一覧

昔に比較すれば、クレジットカードは本当に多くの人が利用するようになり、買い物においての支払い方法では、特別なことではなくなりました。特に近年では、コンビニなどでの少額の支払いであっても、クレジットカードをサインレスで利用できるようになったことで、より利便性が高まっています。このクレジットカード利用のメリットとデメリットについて、ここでもう一度考えてみましょう。クレジットカードの最大のメリットと言え...
クレジットカードの申し込みの際には様々な個人情報を記入してきます。その中でも最も審査の上で大切な情報となるのが「年収の金額」なのです。もちろん、年収が多いとそれだけ審査もとおり安くなります。しかしながら、審査に通過しやすくなるからといって、虚偽の年収金額を記入することは絶対に控えてください。また、年収というのは、手取り金額を単純に12ヶ月分として計算して書き込んでいる人もいるようですが、この場合、...
カード会社にはそれぞれ所定の基準というのがあり、その基準を満たしていないと、クレジットカードの審査で落とされてカードをもてません。さらに、審査の厳しさにおいても、カードの系統によって違いがあるということです。カード会社の基準よりも返済能力が低いと、カードは発行してもらえないのですが、それはショッピング機能と呼ばれる、ショッピング代金を後ほど支払う機能と、キャッシング・ローン機能と呼ばれる、カード会...
申込をした人の信用を見極める、カードの審査ではこのようなことが行われています。信用を見極めるためには基準があり、これは俗に「3C」といわれていますが、以下では「3C」について説明をします。「資力」性格」「資産」が信用見極めの基準クレジットカードの審査において重要な判断基準が、以下の3つのCです。Capacity(資力)買い物や借金の際、お金を返済できるかをチェックする項目です。継続安定収入があるか...
クレジットの信用審査で採用されているのが「スコアリングシステム」と呼ばれるものです。スコアリングはコンピューターで自動計算され、それによって客観的に信用度を判断出来るようになっています。このスコアリングのスコア項目を属性といい、クレジットカードなどの与信枠などもこのスコアリングを元にして決定します。クレジット申込書の記載内容が対象クレジットカード発行の申込時に記入する入会申込書には、住居や勤め先と...
信用情報機関とは、「全情連」「全銀協」など、クレジットカードでのショッピングやキャッシングなどのデーターや返済の情報を収集・管理している団体です。クレジットカード会社がカード発行の申し込みを受けると、まずこの情報機関に問い合わせをして、申込者の支払い実績や現在の債務の件数と金額、カードローン履歴などを確認します。これが審査の判断基準の一つとなります。申込者が用紙に記入した情報だけでは、返済の信頼性...
クレジットカードは発行している企業の業種によって分類することが出来ます。銀行系、信販系、流通系などの系統がありますが、この系統によって審査基準にも違いがあります。もちろん企業ごとの違いもありますので、同じ系統だからといって全く同じ審査基準というわけではないのですが、系統ごとの違いはカード会社選択の参考になりますので、知っておくと有利です。各社の判断方針の他に、加盟している信用情報機関によって審査に...
クレジットカードはたくさんの種類があります。ただ「なんとなく」で選んでしまうと、審査に落ちてしまったり、思ったようにポイントがたまらなかったり、とあとから後悔することにもなりかねません。ここでは、クレジットカード選びで失敗しないための、比較ポイントをまとめてみました。審査の厳しさクレジットカードには審査に通りやすいものとそうでもないものがあります。社会人になったばかりで勤続年数が少ない、アルバイト...
クレジットカードは、信用払い、簡単にいえば「ツケ」の仕組みを利用して、後払いが可能になっているシステムです。クレジットカードで買い物をした店舗には、カード会社が先に代金を支払っているので、使用者はカード会社に支払いをすることになります。その支払いの方法の代表的なものは以下の通りです。・翌月1回払い・ボーナス1回払い・回数指定分割払い・リボ払い中にはリボ払い専用のクレジットカード等もありますが、基本...
各種金融会社の提供するクレジットカードの審査において重要視される要素は、契約者の職業や収入、家族構成などさまざまな要素が存在しますが、そのような審査で重要視される要素の中で特に金融会社がチェックする項目が、クレジットヒストリーと呼ばれる契約者の過去クレジットカード利用の経歴です。いくら収入が安定している職業についていたとしても、過去に複数の消費者金融などから借り入れを行いながら、返済が滞ってしまっ...
クレジットカードの審査の際には、「信用」が確認され、この信用次第で審査の結果を左右します。では、どのようにすれば、信用をあげる事ができ、審査を通過する事が出来るようになるのでしょうか?クレジットカードを作るには「信用」が重要クレジットカードを発行する際に、カード会社は審査を必ず行います。カード会社は審査を行う際に「信用」があるのかどうかを確認し、優良顧客にのみカードを発行します。審査というのは、信...
現在では、クレジットカードや消費者金融からの借入などの利用情報は、すべて信用情報機関でコンピューターによって管理されています。現在日本国内には信用情報機関が3社あり、各種金融機関は、必ずこれらの信用情報機関を利用するように法律で定められています。またこれら3つの信用情報機関は、一部の重要な情報については共有しています。個人信用情報機関が管理している情報の内容それぞれの信用情報機関が管理している内容...
勤続年数が短いクレジットカード審査における勤続年数の安全ラインは3年以上といわれています。とはいえ、あまり審査基準が厳しくないランクのカードなら、1年以上勤めていれば、審査に通ることも多いです。逆に、就職してから、もしくは転職してから1年たっていないということになると、クレジットカード審査にパスするのはとても難しくなります。その間は何度申し込みをしても落ちてしまう、ということになりかねませんので、...
クレジットカードに入会を申し込んで、そのまますんなりとカードを発行してもらえる人もいれば、入会を断られてしまう人もいます。しかしあるクレジットカードの発行を断られてしまった人でも、別のクレジットカードは、すんなりと発行してもらえるケースもあります。一見理不尽にも思えますが、どうしてこの様なことが起こるのでしょうか。カード会社によって異なる審査基準まず基本的なこととして、クレジットカード会社によって...
クレジットカードは1枚あれば十分、と考えている方も多いかもしれません。そもそも、1枚目のカードの審査につまずいているのに複数持ちなんて、という方もいらっしゃるでしょう。けれども、今はライフスタイルや使用目的に合わせて、クレジットカードを使いわける時代です。もちろん、焦ってはじめから何枚もクレジットカードを申し込む必要はありません。まずは1枚目のカードを手に入れて、信用ある使い方をするところから始め...
クレジットカードの審査には、多くの要素が関係してきますので、年収が高いから大丈夫、あるいは低いからダメということは、一概にはいうことができません。つまり年収の多さ=信用の高さとならないことは理解しておきましょう。確かに一定上の年収は必要となりますが、他に住居状況やこれまでの借入に対する返済実績も大きく関係してきます。収入面で一番大切なのは、収入額の多さよりも、安定した収入であるかということです。自...
クレジットカードはただ審査を受ければすぐに利用することができるというわけではありません。審査の前に必要書類を提出して初めて審査を受けることができると考えるようにしましょう。そこでここではクレジットカードの審査の前に用意しておくべき必要書類について紹介していきます。身分証明証クレジットカードの審査のためには身分証明書が必要になりますので次のいずれかを用意しておきましょう。運転免許証いわずとも知れた日...
あまりクレジットカードに詳しくない方でも、「ゴールドカード」というとなんとなくすごいカードだ、というイメージはお持ちなのではないでしょうか。ゴールドカードがどうして「すごい」かといえば、ランクの高いカードだからです。クレジットカードは、審査や取得条件の厳しさの度合いによってランクがあり、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードは取得できる人が限られてくる「ランクの高いカード」なのです。では、...
日本人のクレジットカード利用の90%前後の支払いは、一括払いとなっています。一方でリボルビング払いを利用しているのは、7%前後と言われています。一括払いの場合は利息が発生しないことから、利用者側には便利ですが、クレジットカード会社側には、利益が少なくなります。ちなみに欧米では、リボ払いや分割払いの利用が6割前後となっている様です。これはクレジットカードの使い方が違うことが理由で、欧米ではカードを利...
クレジットカードの審査を受けたいと思っても、平日は仕事の都合上なかなか時間を確保するのが難しい場合もありますよね。そのようなときには土日にクレジットカードの審査を出すのではないでしょうか。そこで気になるのが「土日でも審査をしてくれるクレジットカード会社はあるの?」という点。結論を先に述べると、クレジットカード会社によって土日にも審査を行っているところと土日は審査を行っていないところがあります。金融...
クレジットカードを作成する際に審査が行われていますが、その中で必ず行うのが「在籍確認」です。在籍確認は本当に記載されている住所に住んでいるのか、電話番号は繋がるものなのか、その会社に在籍しているのかを確認するためのものです。在籍確認で最も手軽で確実なのが「電話」による在籍確認です。ですのでクレジットカードの審査では電話を用いるケースがほとんどとなっています。自宅への電話や本人の電話確認はそこまでハ...
多くのクレジットカード会社では、以前は、クレジットカードの発行基準として、年収200万円以上としていました。しかし現在は、そのような事は公にはなっておらず、クレジットカードの新規申し込みの条件は、年齢と安定した収入があることなどの表記になっています。この年収がいくら以上なら、クレジットカードを持つことができるのかは、一概には言えません。実際に100万円代の年収で発行してもらうことができるクレジット...
最近では外資系のクレジットカードが非常に作りやすくなっているようです。ゴールドカードですら審査条件となる年収額の下限が引き下げられていますので、海外出張や旅行など、渡航の機会が多い方は外資系カードも選択肢に入れましょう。外資系カードの審査の特徴の1つに、雇用形態が非正規雇用であっても審査に通りやすいということもありますので、自営業者の方や事業主の方でも、ある程度以上の収入があれば職業が審査に響くこ...
学生のうちにカードを作っておくことには、いくつかの利点があります。三井住友VISAカードなどの銀行系のクレジットカードは、社会人になって2年程度では審査を通るのが難しく、就職出来なかった場合には難易度S以上のクレジットカードしか選択できなくなります。社会人向けのクレジットカードの審査基準には勤続年数や年収、クレジットカードの利用歴などがあり、特に審査の厳しい銀行系のクレジットカードは新社会人には非...
クレジットカードは社会人にとっては持っていて当然のアイテムです。特に新社会人の場合には、初めてクレジットカードの契約を行うという場合も多く、最初のカードの種類の選び方がとても重要になっていきます。新社会人に最適なカードのランクとしては、無難なところで審査の通りやすい一般カードの契約が推奨されています。新社会人がクレジットカードの契約で陥りやすい罠としては、少しでもランクの高いカードを契約しようと、...
勤務先や連絡先など裏付けが可能な属性や人間性がわかる属性、勤務先の規模・雇用形態・勤続年数などの収入の判断基準になる属性などが重視される傾向にあります。年齢クレジットカード会社は「20〜30代」の「独身者」を重視しています。一般的に社会では独身者よりも既婚者により高い信頼をおきますが、クレジットカード業界では自由に使えるお金が多い独身者を有利に扱うのです。ただし同じ独身者でも、年齢が上がるにつれ不...

このページの先頭へ戻る