「3C」は、審査で重要

申込をした人の信用を見極める、カードの審査ではこのようなことが行われています。信用を見極めるためには基準があり、これは俗に「3C」といわれていますが、以下では「3C」について説明をします。

 

「資力」性格」「資産」が信用見極めの基準

クレジットカードの審査において重要な判断基準が、以下の3つのCです。

 

Capacity(資力)
買い物や借金の際、お金を返済できるかをチェックする項目です。継続安定収入があるかどうかをチェックします。

 

Character(性格)
約定日の返済ができるか否か、これは金銭に対する考え方といえます。

 

Capital(資産)
担保になりそうな資産のことです。

 

貯金だけでなく、家や土地、有価証券、自動車というのもチェックされます。3Cがハイスコアであれば、すんなりと審査を通過して入会でき、カード発行がされるのです。

 

「Capacity(資力)」は最重要項目

「Capacity(資力)」は、3Cの中でも最重要項目となっております。継続安定収入は、ハイスコアのための条件ですので、これが理由で会社員のほうが自営業者よりも審査に通りやすいのです。同じ収入の会社員と自営業者がいるとすれば、会社員のほうが審査には有利傾向はあるのが実情です。働いている年数も関係してきます。

 

自営業の場合には、市場や景気などの影響で収入の乱高下が激しく、それがリスクと思われてしまいます。住まいについてのチェックが「Capital(資産)」です。賃貸住宅やマンションよりも持ち家のほうがハイスコアになるというのは、万が一借金が膨らんでしまったとしても、住まいがあれば担保となりえるからです。

 

「性格」が審査される理由

最後のC「Character(性格)」、これはなぜ審査されるのでしょうか。ショッピングをしてもキャッシングをしても、カード利用をすれば約定日までの返済が必須条件。クレジットカード会社は、利用者による利用金額を立て替えているのですが、キャッシュレスだからといって限度額まで使って返すことを考えないような人が利用者では、カード会社は赤字です。

 

滞納がたびたびある人や破産したことがある人に関して、「事故情報」と判断され審査ではじかれるのは、カード会社が利用分を満額回収するためなのです。過去のカードの利用の状況、いわゆるクレジットヒストリーというのが、この判断の根拠となる材料。信頼できるクレジットヒストリーは、その人の評価を高くするのです。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る