クレジットカードの申し込みの方法について

クレジットカードの申し込みの際には様々な個人情報を記入してきます。その中でも最も審査の上で大切な情報となるのが「年収の金額」なのです。もちろん、年収が多いとそれだけ審査もとおり安くなります。しかしながら、審査に通過しやすくなるからといって、虚偽の年収金額を記入することは絶対に控えてください。

 

また、年収というのは、手取り金額を単純に12ヶ月分として計算して書き込んでいる人もいるようですが、この場合、税別の価格になってしまいますので、実際の金額よりも少なく申請している場合があります。

 

クレジットカードをつくる際に、年収の金額を下に利用限度額も決定されます。もし少なく申請していいれば、本来ならもっと高い利用金額を設定できたはずなのにできなくなってしまったと損をする人もいます。年収というのは手取りではなく、税込の総額金額で記載してください。

 

もちろん、年収額をすべて正確に申告する必要はありません。10万〜100万円単位で年収額と合致しているだけで良いのです。

 

また、クレジットカードの審査には、職場に「在籍確認」という電話がかかってくる場合があります。この電話は実際に間違いなく申込み用紙に記入されているか確認する意味もあり、間違って記入をしてしまっていると、信頼を落としかねません。職場の名前や住所、電話番号はもちろん、自宅の住所、電話番号に至るまで、丁寧にそして間違いなく記入することが重要です。

 

また、あまり関係内容に思われるかもしれませんが、読みやすく丁寧な字を書く事をオススメします。丁寧に記載された内容であれば、カード会社側の読み取りの間違いも防げますし、審査にも良い影響を与えてくれます。

 

カードが必要となる理由は人それぞれかと思いますが、クレジットカードを使う予定がある1ヶ月前位には申し込みをオススメします。最近では、ネット環境も整い、審査自体が即日に行えるクレジットカードもありますが、ご自身が利用を検討しているカードが必ずしも即日審査が行えるとは限りません。

 

また、1ヶ月前に申し込みをした場合でも、審査の基準が高いクレジットカードは避けておくと良いでしょう。利用する事が決まっているにもかかわらず、発行が先延ばしになってしまう可能性ありえる為です。また、万が一発行が見送られてしまったとしても、すぐに他社のカードを申し込むのは控えてください。

 

なぜ控えるべきなのかというと、クレジットカード業界で「信用の共有」を行っている為です。クレジットカードの業界では、信用情報は共有されています。そのため、短期間のあいだに複数枚のカードの申し込みがあると、買い物目的でのカード利用ではなく、不正に使われる可能があると判断され、審査自体が不利になる場合があります。

 

ですから、短期間に複数枚のカードの申し込み事態を控えるべきなのです。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る