MENU

信用情報機関のブラックリストとは

現在では、クレジットカードや消費者金融からの借入などの利用情報は、すべて信用情報機関でコンピューターによって管理されています。現在日本国内には信用情報機関が3社あり、各種金融機関は、必ずこれらの信用情報機関を利用するように法律で定められています。またこれら3つの信用情報機関は、一部の重要な情報については共有しています。

 

個人信用情報機関が管理している情報の内容

それぞれの信用情報機関が管理している内容は、ほとんど共通しており、それは

  1. 氏名、生年月日、性別、電話番号、勤務先などの個人を識別する情報
  2. 契約の種類、取引の種類や残債額などの与信、契約に関する情報
  3. 延滞、延滞回数、強制解約、取引停止処分、債権回収などの事故情報
  4. 照会記録や苦情などのその他の情報

になります。この中で特に重要となるのが、上記の2と3に挙げた情報で、繰り返しの延滞や強制解約、取引停止などの金融事故を起こしたことが記録されると、いわゆるブラックリスト入りという状態になります。ちなみにいわゆるブラックリストと呼ばれるような名簿は、現実には存在しません。各金融機関は、提供されたこれらの情報を元に、個別にクレジットカードの発行や融資の可否の判断をします。

 

延滞の定義は?

指定信用情報機関の1つである株式会社日本信用情報機構(JICC)では、入金予定日から3か月以上入金がされていない状態を、延滞として情報に記録します。またもう1つの信用情報機関である株式会社シー・アイ・シーでは、支払予定日に入金がなければ、そのことが記録されます。

 

これらの情報は、CRINと呼ばれる情報共有システムで、ほぼリアルタイムで共有されるので、どこか1社の支払いに問題が起きていれば、他の全ての会社が情報を問い合わせた時に、分かるようになっています。しかしこれらの情報は、信用情報機関が、例えばこの人はブラックであるとかという判断をするのではなく、判断するのはあくまで情報を受け取った金融機関側になります。

 

つまり判断の細かいところは、それぞれの金融機関によって異なるのです。ちなみにJICCでは、入金予定日から3か月以内に少しでも入金があれば、延滞としては取扱いません。つまり例え少しずつであっても、返済の意思を見せることが大切で、未連絡で連絡があっても無視し続けているというのが、一番してはいけないことになります。

 

いわゆるブラックの状態になってしまったら

長期間の未返済や強制解約、債権回収などの金融事故を起こしてしまったら、いわゆるブラックリストに載ってしまった状態になります。そしてこのブラックの状態から抜け出すには、かなりの日数があります。

 

信用情報機関によって、記録の保管期間は違いますが、最低でも5年は、それらの情報が残ります。また5年我慢すれば大丈夫だと思うのは大きな間違いで、最後にトラブルが発生してから5年ということは、金融機関側が請求書を出し続けていれば、最後に請求書が発行されてから5年なので、トラブルが解決しない限り、いつまでたっても記録は残ります。

 

そしてこの記録が残っている間には、住宅ローンであろうと自動車ローンであろうと、クレジットカードであろうと、金融機関からは合法的に一切、お金を借りることはできないと思った方が良いでしょう。これらの自分の情報は、簡単な手続きで開示してもらえるので、気になる人は手続きをしてみて下さい。

 

それでもクレジットカードに通る可能性を試したいという方はこのカードに申込んでみると良いでしょう。