クレジット審査に通過する為「信用」を上げる秘策とは?

クレジットカードの審査の際には、「信用」が確認され、この信用次第で審査の結果を左右します。では、どのようにすれば、信用をあげる事ができ、審査を通過する事が出来るようになるのでしょうか?

 

クレジットカードを作るには「信用」が重要

クレジットカードを発行する際に、カード会社は審査を必ず行います。カード会社は審査を行う際に「信用」があるのかどうかを確認し、優良顧客にのみカードを発行します。審査というのは、信頼出来る顧客を増やしたいというカード会社の考えから行われています。

 

信用のある顧客というのは、いったいどういった顧客なのでしょうか?まず、カードを利用する際に確実に支払いをしてくれる可能性がある人に発行したい物です。例えば、過去に破産の履歴がある人などには、金銭的にルーズな人と評価され、再度回収が困難な状況を作りかねないと評価されます。その点、収入も一定に有り、過去に金銭的な問題がなかった顧客を獲得したいと思っているのです。

 

信用を上げるには、まず「支払いに関しては遅滞は御法度」という事になります。信頼をあげたいのであれば、ローンやカードの支払いを期日通りにきっちり守っていれば、信頼もあげっていきます。長い期間このように期日を守って支払いをするという実績を作れば、お金に対する考え方が真面目と評価されるのです。もう一つ信頼をあげる方法として、計画性を持った借り入れと、自制心を持つちうことです。クレジットカード会社は、クレジット申込者の金銭的な性格を「クレジットヒストリー」で確認しています。よりこのクレジットカードヒストリーが綺麗な状態にある人ほど、金銭に関して真面目であり、信用があると評価されます。

 

さらに、金銭的な問題以外にも、勤務期間についても信用度は変わってきます。カード会社にとって一番ありがたい顧客というのは、安定した収入があるという事です。同じ仕事でも自営業では、今は安定的で有っても将来は保証されていません。特に業績悪化をさせた場合、収入に大きく響いてしまう自営業者は、クレジットカードの審査で自営業というだけで不利に働く可能性もあるのです。

 

ですが、同じ業績悪化になったとしても、サラリーマンはお給料面ではある程度会社が保証してくれているので、年収が下がる可能性があったとしても、安定的な収入を得られる為、有利になります。

 

また、勤めている企業だどの程度安定している起業か?従業員数はどの程度の規模の会社なのか?という事も信用の後ろ盾になってくれます。

 

ですが、いくらサラリーマンとして企業に勤めていても、短期間だけ勤めていたという実績では信用はアップしません。転職を繰り返してしまっているという方もいられると思いますが、転職を繰り返してしまっていると、安定面で問題視され、信用を上げることはできません。1つの会社に長く勤めて行く事が重要なのです。特に、3年以上勤めていると、収入の面でもより安定していきますので、信用度もアップしていきます。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る