クレジットカード審査 系統ごとの違い

クレジットカードは発行している企業の業種によって分類することが出来ます。銀行系、信販系、流通系などの系統がありますが、この系統によって審査基準にも違いがあります。もちろん企業ごとの違いもありますので、同じ系統だからといって全く同じ審査基準というわけではないのですが、系統ごとの違いはカード会社選択の参考になりますので、知っておくと有利です。各社の判断方針の他に、加盟している信用情報機関によって審査に差が出てきますので、審査が甘めの系統と厳しい系統があるのです。

 

最も審査が厳しい「銀行系」

銀行系は特に信頼性を重視する傾向が強いので、審査も厳しいものになります。三菱UFJフィナンシャルグループのMUGFカード、三井住友VISAカード、みずほ銀行のUCカード、JCBカードなどがこの系統になります。このうちJCBカードは特定の銀行に属しているわけではないのですが、JCBカードは日本の銀行団体が発足させたクレジットカード会社で、日本で最初に国際展開したクレジットカードです。

 

この系統の審査を通るには、パートや派遣社員などの非正規雇用者では難しく、非正規雇用者は雇用期間が安定していることの確認がとれ、母体である銀行に預金口座を持っていることで審査に通る可能性が上がります。

 

審査期間が長いことも特徴の一つですので、申し込みからカード発行までの期間は長めに想定し、カード入手に明確な期限がある場合は早めに申し込む必要があります。

 

銀行系に次いで厳しい「信販系」

ライフカード、オリコカード、JACCSカード、セディナカードなど、信販会社が発行母体となっているカードがこの系統になります。信販会社が母体ですから、やはり確実に支払いが出来る顧客を選ぶ傾向が強いため、審査基準も銀行系に次ぐ厳しさとなっています。

 

主婦や学生にも優しい「流通系」

イオンカード、東急カード、OMCカードなど、百貨店や量販店などの小売業者が発行しているクレジットカードがこの系統になります。この系統のクレジットカードの多くが、発行元である百貨店や量販店のポイントカードとしての機能を備えていたり、優待割引などの特典も豊富です。この系統の審査は銀行系・信販系ほど厳しくありません。過去のクレジット履歴が優良であれば優遇されるので、非正規雇用者や学生でも作りやすいクレジットカードと言えます。

 

審査がゆるめの「メーカー系」

石油会社、交通会社、航空会社、自動車メーカー、家電メーカーなどが発行元になっているクレジットカードがこの系統になります。自社の会員カードとしての側面を持ち、ポイントカードとしての機能があったり、割引特典があったりしますし、交通会社が発行しているカードの場合はプリペイド機能や定期券機能を持っていることもあります。

 

この系統の審査は比較的ゆるく、主婦や学生、フリーターなど、他では審査を通るのが難しい職業の方にも広く利用されています。

 

作りやすくなった「外資系」

アメリカンエキスプレスカード、シティカード、ダイナースカードなどがこの系統になります。以前は審査が厳しかったこの系統ですが、最近は非常にカード発行に至りやすくなっています。自由業、自営業の方にお勧めの系統です。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る