クレジットカードの審査をパスしにくいケース

勤続年数が短い

クレジットカード審査における勤続年数の安全ラインは3年以上といわれています。とはいえ、あまり審査基準が厳しくないランクのカードなら、1年以上勤めていれば、審査に通ることも多いです。

 

逆に、就職してから、もしくは転職してから1年たっていないということになると、クレジットカード審査にパスするのはとても難しくなります。その間は何度申し込みをしても落ちてしまう、ということになりかねませんので、1年過ぎるまでは新規の申し込みは控えておいたほうがよいでしょう。また、現在1年以上勤続年数がある方で、先々転職を考えているということであれば、タイミングを逃さず、今クレジットカードをつくっておいたほうが無難です。

 

引っ越したばかり

これも勤続年数と似た扱いになりますが、1年はたっていないと審査にパスしにくいです。ただし、親と同居になった、持ち家を購入したなど、信用度が上がるケースもありますので一概にはいえません。勤続年数とあわせて、虚偽の申告をする人が多い項目でもありますが、申し込みで嘘をつくことは、信頼の面で絶対的なマイナスとなりますので、正しく申告しましょう。

 

公営住宅に住んでいたり、知人の家にすんでいたりする

住環境は、クレジットカードの審査項目の中でも、パスするかしないかにシビアに関わってくるものの1つです。通常は点数化されていて、もっとも点数が高いのは、自分の購入した家に住んでいるケース。公務員住宅や社宅もついで点数が高いです。

 

それに対して点数が低めになるのが、賃貸住宅ですが、このあたりは居住年数との関連もあり、賃貸住宅に住んでいるというだけで審査に落ちるということは少ないと思います。ところが、公営住宅や知人の家に下宿している、といったことになると点数が低いだけでなく、その時点で審査対象から外されてしまう可能性もあります。公営住宅や下宿は、自分の信用において家を買ったり借りたりすることができない状況にある、と判断されてしまうからです。

 

どちらの場合も家賃が安く、公営住宅ではさらに公的補助を受けて住んでいる可能性も高くなるので、クレジットカードを持つだけでの収入がないという判断にもつながってしまいます。

 

単身で住んでいる

親と住んでいる、自分の家族と住んでいる、もしくは自分の家族と親の両方と同居している場合には審査にパスしやすいです。が、1人暮らしとなると信用度は低くなり、審査に落ちてしまうことも多くなります。

 

クレジットカードの審査は、他の項目とあわせてトータルに行なわれるものの、それぞれの項目に最低点数が設けられているのが普通です。「これとこれはクリアしているはずなのに」という場合は、いずれかの項目で最低点に達していないとも考えられ、その項目が残っている限り、何度申し込んでもパスしない可能性があるので注意が必要です。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る