審査に落ちた理由を考える

クレジットカードに入会を申し込んで、そのまますんなりとカードを発行してもらえる人もいれば、入会を断られてしまう人もいます。しかしあるクレジットカードの発行を断られてしまった人でも、別のクレジットカードは、すんなりと発行してもらえるケースもあります。一見理不尽にも思えますが、どうしてこの様なことが起こるのでしょうか。

 

カード会社によって異なる審査基準

まず基本的なこととして、クレジットカード会社によって、発行基準は違い、そのすべては公開されていません。それぞれのクレジットカード会社は、年齢などの最低限の基準のみをホームページ上などで公開していますが、その条件を満たしているだけで、必ずしも申し込んだクレジットカードが発行されるわけではありません。

 

またクレジットカードの種類によっても、審査基準は違います。例えばゴールドカードやプラチナカードなどのステータス性の高いカードは、勤務年数や年収、自社のクレジットカードの使用歴などが考慮されますので、いきなり作ってもらおうとしても、申込みの時点で断られてしまいます。つまりもし、いきなりこの様なカードを作ってもらおうと考えているのなら、いわゆる一般カードと呼ばれる種類のクレジットカードを発行してもらい、申込み基準を満たす必要があります。

 

信用情報にも注意

クレジットカードを申し込んだ時、クレジットカードを発行する会社は必ず、専門の信用情報を持っている会社に申込み者の信用情報を確認します。そしてこれまでに持っているクレジットカードや消費者金融の借入などの返済に遅延を繰り返していたり、過去に債務整理などの履歴があるなど、いわゆる金融事故がある場合には、新たにクレジットカードを発行してもらうのは難しくなります。

 

ちなみに世の中では、いわゆるブラックリストという言葉がありますが、実際にはこのブラックリストと呼ばれるような名簿の様なものは存在しません。信用情報機関は問い合わせに対して、過去の返済や事故記録などの客観的な情報を提供し、それを元に各クレジットカード会社が判断することになります。

 

また信用情報機関が持っている個人の信用情報は、会社によっても違うようですが、一般的には5年間となっています。しかしここで過去にトラブルが発生してから5年我慢すれば良いというのは、大きな勘違いです。この5年間というのは、以前にトラブルを起こした金融機関との問題が解決して、その会社が信用情報機関に連絡をしてから5年間です。つまり過去に問題を起こしていて、それから逃げまわっているのであれば、何十年たっても、その記録は残っていることになります。

 

ケアレスミスにも注意

クレジットカードを申し込んだ時の申込書に間違えないように記入することも大切です。住所や電話番号を間違えるのはもってのほかですが、例えば勤続年数をごまかそうとしても、すぐにバレて、発行してもらえなくなります。

 

また社会人であっても20歳以下の場合や、20歳以上でも学生の場合には、例えそれらの人たちが対象のクレジットカードであっても、保護者の同意が必要です。つまりほぼ確実に保護者への確認の連絡が行くので、事前に話をしておきましょう。もし保護者が同意しなければ、クレジットカードの発行は断られてしまいます。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る