外資系カードの審査の特徴

最近では外資系のクレジットカードが非常に作りやすくなっているようです。ゴールドカードですら審査条件となる年収額の下限が引き下げられていますので、海外出張や旅行など、渡航の機会が多い方は外資系カードも選択肢に入れましょう。

 

外資系カードの審査の特徴の1つに、雇用形態が非正規雇用であっても審査に通りやすいということもありますので、自営業者の方や事業主の方でも、ある程度以上の収入があれば職業が審査に響くことがほとんどなく、非正規雇用者にとっては作りやすいカードと言えます。

 

アメックス日本支社は銀行系のKSCに加盟

アメリカン・エキスプレスの日本支社は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)に加盟しています。そのためアメックスカードに申し込んだ場合、与信情報はKSCから提供されることになります。

 

KSCは日本の銀行や銀行系クレジットカード会社が加盟する機関ですから、国内の銀行と同じ信用情報で与信審査が行われるということです。これによって、以前は取得が難しいクレジットカードの代表だったアメックスカードが、現在ではスタンダードクラスのグリーンカードの場合で年収300万円以上、ゴールドカードでも500万円以上で審査を通ることが出来るようになり、以前よりも格段に手にしやすいカードとなったようです。

 

シティカードの審査基準

最近知名度が上がってきたシティカードは、アメリカの銀行系クレジットカードです。アメリカの銀行系だけあって、アメリカで利用するのに便利なのは当然ですが、このカードはゴールドカードが比較的取得しやすいカードでもあります。更に審査結果が出るのも早く、申し込んだ翌日にカードを手にすることが出来ることが多いようです。

 

残念な点としては、審査基準があいまいであるため、どんな属性なら確実にカードが発行されるかという予測が立てづらいことがあげられます。国内の銀行系クレジットカードを断られた方が、シティカードのカードは手に出来たという話をよく耳にしますので、日本の銀行系ほどは審査が厳しくないことは確かなようです。目安としてはスタンダードなカードのシティリワードカード、シティエリートで年収200万円以上、その上のグレードであるシティリワード ワールドカード、シティゴールドカードで400万円以上と言われています。

 

外資系カードは延滞にシビア

外資系のクレジットカードと日本のクレジットカードでは、運営方針も違っています。外資系カードはほとんどのものが、一度の支払い延滞でカード利用が停止されるという特徴があります。日本のクレジットカードに比べて、審査はゆるく、利用状況には厳しいのが外資系カードの特徴となりますので、外資系カードを持つのならこの点もしっかり覚えておいたほうが良いでしょう。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る