年収とクレジットカードの審査の関係について

クレジットカードの審査には、多くの要素が関係してきますので、年収が高いから大丈夫、あるいは低いからダメということは、一概にはいうことができません。つまり年収の多さ=信用の高さとならないことは理解しておきましょう。確かに一定上の年収は必要となりますが、他に住居状況やこれまでの借入に対する返済実績も大きく関係してきます。収入面で一番大切なのは、収入額の多さよりも、安定した収入であるかということです。自営業の人などが、単年で高収入を挙げるよりも、収入が比較的少なくても、会社員で安定した収入がある方が、クレジットカードなどの審査では、信用力は高いということです。

 

いくら以上の年収ならクレジットカードを持つことができる?

ほとんどのクレジットカード会社では、いくら以上の収入があるなどの条件は、公表していません。多くのクレジットカード会社のいわゆる一般カードの申込みで設定されている条件は、年齢に加えて、安定した収入があることなどと、曖昧になっています。以前は、年収で200万円以上が1つの目安と言われてきましたが、これもカードを発行する会社によって大きく違うので、一概には言えません。

 

実際の所、一般カードの申込みであれば、多くのクレジットカード会社は、カードの発行の可否については、年収を重要視していません。もし年収が少なくても、しっかりと返済をしてくれれば良いのですし、年収が多くても、返済をしてもらえなければ困るわけだからです。

 

また年収に対応した返済能力については、それに合わせた利用限度額を設定すれば良いわけですから、カード発行の可否とは違う判断になります。また年収というのは、クレジットカードの申込みに際して、自己申告となり、会社員のほとんどのケースでは、収入を証明する書類の提出を求められません。年齢と勤め先、そして勤続年数がわかれば、ある程度の年収は予想できるので、そういう事実から考えても、年収の金額自体は、クレジットカードの発行について、大きな要素ではないと言えるでしょう。

 

収入が少なくても、クレジットカードは持つことができる
クレジットカード会社は、カード利用者を増やさなくては、利益を増やすことができませんので、できるだけカード会員を増やしたいと思っています。そして最近では、以前ではクレジットカードを持つことができなかった様な人たちでも、比較的簡単な手続きで持つことができるようになっています。

 

その代表的な例は、以前は会社員でなくて持つことができなかったクレジットカードが、今はパートやアルバイトで働く人でも、安定した収入があれば、クレジットカードを発行してもらえるようになったことです。有名なところでは、楽天カードは、パートやアルバイトの人でも、基本的に収入証明書の提出は必要ありませんし、消費者金融が発行しているクレジットカードは、融資審査のついでに、比較的簡単な手続きで発行してもらうことができます。

 

リボ払い専用カードには注意

現在多くのクレジットカード会社では、リボ払いの利用を勧めており、リボ払い専用カードも多く発行されています。リボ払いには、月々の支払額が一定になるので、予算管理がしやすいというメリットがある反面、比較的高めの利息がかかります。リボ利用の残高が多くなり、月々の支払が少ないと、いつまでたっても元金が減らないことになるので、計画的な利用が大切です。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る