クレジットカードの必要性について

カード会社にはそれぞれ所定の基準というのがあり、その基準を満たしていないと、クレジットカードの審査で落とされてカードをもてません。さらに、審査の厳しさにおいても、カードの系統によって違いがあるということです。

 

カード会社の基準よりも返済能力が低いと、カードは発行してもらえないのですが、それはショッピング機能と呼ばれる、ショッピング代金を後ほど支払う機能と、キャッシング・ローン機能と呼ばれる、カード会社によって決められた限度額の範囲内で現金をキャッシングできる機能、クレジットカードにはこの2つの機能があるからです。

 

カードが発行されたとしても、希望よりも低いキャッシング枠、ショッピング枠に設定されているということも。遅延が発生したり、返済不能になってしまうと、カード会社としても困ってしまいますので、審査をするのは、返済能力以上の貸付を防ぐという意味合いもあるのです。

 

審査は、収入、資産、働いている年数がカギ

与信審査というのがあるのですが、ここでは情報が点数化されて、コンピューターで自動的に計算され、それを客観的に見て審査をするのですが、個々での情報というのは、収入や勤務先、働いている年数、住宅の保有形態などです。安定収入か否か、それを判断するためのポイントとして重要なのが、勤務先や働いている年数となります。

 

貯金が多かったり、持ち家を保有していたりすれば、それがいざというときの担保の役割を果たしますので、審査ではプラス査定ですね。賃貸住宅だとしても、長く住んでいれば信用度が高いスコアリングとなります。本人もしくは配偶者、そのいずれかに安定収入があれば、カードの発行は問題がないのが一般的ですが、過去の利用履歴や現在キャッシングしている金額も審査されます。

 

また、他のクレジットカードを持っており、それでお金を借りている場合に問題となってくるのが、「総量規制」。これは、法律上の規制のことで、借りられる金額が年収の3分の1までというものを「総量規制」といいますが、その金額を越えそうな方は、審査に落ちる可能性もあります。

 

カード発行には本人確認もしなければならない

カードを発行する際には、本人確認もしなければなりません。審査において必要な情報として、職場の電話番号や、つながる電話番号がありますが、パスポートや運転免許証、健康保険証といった身分確認ができる書類も提出しなければなりません。

 

というのも、カード会社がカードを発行する際には本人の確認をしなければならないと、法律で決まっているからです。申し込みの際に書いた電話番号には、本人確認のための電話が入ってきますが、その際記載しておくべき電話番号というのは、自分が直接でられる直通番号のほうが、代表電話番号よりもいいでしょう。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る