スコアリングという審査の仕組みを理解しましょう

クレジットの信用審査で採用されているのが「スコアリングシステム」と呼ばれるものです。スコアリングはコンピューターで自動計算され、それによって客観的に信用度を判断出来るようになっています。このスコアリングのスコア項目を属性といい、クレジットカードなどの与信枠などもこのスコアリングを元にして決定します。

 

クレジット申込書の記載内容が対象

クレジットカード発行の申込時に記入する入会申込書には、住居や勤め先と年収、他社からの借入の有無やその金額など、3Cに関連する項目を記入します。この内容をスコアリングの対象とし、各属性をコンピューターで計算し、その結果がカード会社側が設定した基準よりも高スコアであれば審査を通過しカードが発行されますが、結果が基準に満たなければ審査を通過することが出来ず、カードが発行されないということになります。

 

ほとんどのクレジットカード会社が同じスコアリングシステムを使用しているので、当然スコア計算の結果もどのカード会社でも同じと考えられます。もちろん審査基準はクレジットカード会社ごとに独自で定められているため、算出されたスコアが同じでも審査に通るか通らないかの結果は変わってきます。この違いが、審査が厳しいカードと簡単なカードの違いとなるのです。

 

スコアアップのポイント

スコアリングの結果が高ければ高いほど、どのクレジットカードでも審査・カード発行に有利になります。スコアが高ければ信用枠も広がりますから、カードの利用価値も断然違ってくるのです。そこでスコアアップのためのポイントを知ることが重要になります。多くのカード会社で重要視される属性の1つが勤続年数です。

 

勤続年数が長ければより高収入で、かつ安定した収入が見込めるため評価が高いですし、勤続年数が短ければその逆が言えるので、1年未満であるとそれだけで審査に通らないケースが多くなります。正社員に限らず、アルバイトやパートの場合でも同じ勤務先に少なくとも1年は勤めてからクレジットカードに申し込みをするようにしましょう。居住形態も重要視される属性の1つで、不動産を所有している、つまり住居が持ち家である場合、その家の名義人が自分ではなくても高スコアが望めます。

 

スコアアップでカード与信枠もアップ

スコア計算によって審査を通りクレジットカードの発行が決まると、次はカード与信枠の決定が行われます。カード与信枠とはカードの利用限度額のことで、カード所有者の信用の上限という意味合いになります。このカード与信枠もスコアリングの結果が元になりますので、ここでもスコアアップが重要になります。

 

クレジットカードには買い物で利用するショッピング機能と、現金そのものを借り受けるキャッシング機能があります。このショッピング機能とキャッシング機能には、それぞれ個別に与信がなされ上限金額が設定されるため、ショッピングの上限額とキャッシングの上限額に違いがあるのです。

 

この限度額は最初に決定したあとも、カード利用歴で信頼を築いたり収入が増えたりすることで、上がっていきます。

おすすめクレジットカード

アコムマスターカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
約2週間 無料 マスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
なし なし おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 無料 おすすめクレジットカードマスターおすすめクレジットカード
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険 おすすめクレジットカード


公式サイトへ


おすすめクレジットカード

おすすめクレジットカード

発行期間 年会費 提携ブランド
最短3営業日 初年度無料 おすすめクレジットカードマスター
ポイント還元 付帯保険 おすすめ度
海外旅行保険※ おすすめクレジットカード

※付帯保険はカードの種類により変わります。


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る